事務机を少しでも安く手に入れるコツを伝授

間仕切りや仕切り

部屋

レイアウトが大事

一般的な企業では、会議などの場面で個人情報や企業情報を話し合うことがあります。なので、企業ではプライバシー保護も兼ねてパーテーションを設置するケースが増えています。色・高さ・横幅・数量などからアルミやスチール、ガラスなど様々なパネルを用いり、部屋を区切るのがパーテーションです。設置する場所として相応しいのは、第一印象を左右するエントランスやバックヤード、応接間などがあります。また、喫煙室としてパーテーションを導入することも可能です。設置するまでの流れとしては、自らの手で発注するのか、それともレイアウトまでも踏まえてプロに施工まで一貫するのかでも異なります。最近では、スタイリッシュであったり、個性的な室内空間を意識したり、デザイン性のあるパーテーションでスタッフのモチベーションに貢献するケースもあるほどです。来客目線でレイアウトするのか、スタッフ目線なのか、レイアウトまで提案してくれる事務用品店も増えています。打合せや現地調査ではどこに設置するのか、何を重視するのかもポイントです。デザイン性・価格・セキュリティーやプライバシーなど、要望をまとめて最適なプランと見積りを提案してもらえます。企業で自ら発注する場合、パネル単体やパネル連結パーツや安定脚などの付属品も忘れずに発注します。専門配送員によって、開梱・組み立て・設置まで行ってくれるサービスを活用するのもポイントです。個人のお客との対応では、周りから姿が見えない高さも必要ですし、女性に対しては磨り硝子などの存在がある程度周りに知れる素材選びも大事です。また、相談室として間仕切りにパーテーションを導入する場合、他のスペースに圧迫感がでなになっています。